投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

【SAVER0047】設備更新をお考えの企業様必見!省エネ補助金のご案内!

------------------------------------------------------------------------------------------------------
【省エネサポーター・2018年2月Vol.0047】 『社会に快適な環境を提供し、地球のより良い環境を守る』情報をお届けします。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ お客様各位
いつもセーバー技研をご愛顧頂き誠にありがとうございます。 資源エネルギー庁より、平成29年度補正予算「省エネルギー設備の導入・運用改善による中小企業等の生産性革命促進事業」の概要が発表されました。 空調をはじめとし、LEDやボイラー、加えて生産設備等幅広い設備更新が対象となり、 見える化装置の設置が必須となっていることが特徴です。
●補助対象事業 工場・事業場等における既存の設備を、省エネルギー性能の高い設備(省エネ型設備)とエネルギー使用量等を計測・蓄積する装置(見える化装置)に更新する事業を補助対象とします。
●対象となる省エネ型設備  高効率照明  高効率空調  産業ヒートポンプ  業務用給湯器  高性能ボイラー  高効率コージェネレーション  低炭素工業炉  冷凍冷蔵設備  産業用モータ
●補助対象経費  省エネ型設備及び見える化装置に係る設備費のみとします。
●補助率 1/3以内とします。

●補助上限額・下限額  補助上限額は3,000万円/事業、補助下限額は30万円/事業とします。
●公募スケジュール 3月下旬を予定
参照:http://ma.imsys.jp/r/999398?m=17062&c=10167695(資源エネルギー庁)
本補助金、公募開始が3月下旬と差し迫っているため、 申請をお考えの方はお急ぎください!
補助金採択率アップのポイントは下記3点と言われています。 1)省エネの絶対量 2)省エネ率 3)費用対効果 また綿密な省エネ率計算、図面作成、業者間調整など入念な事前準備が必要不可欠です。
セーバー技研では採択率向上のポイントを押さえた申請のお手伝いをさせて頂きます。 今からでも間に合います!一緒に準備していきましょう!
【お問い合わせはコチラ!】
お問い合わせ…