投稿

7月, 2018の投稿を表示しています

【SAVER0051】 エアコンの故障で熱中症!?早期点検&更新のススメ、最新空調電気料金比較!

イメージ
------------------------------------------------------------------------------------------------------
【省エネサポーター・2018年7月Vol.51】 『社会に快適な環境を提供し、地球のより良い環境を守る』情報をお届けします。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ いつもセーバー技研をご愛顧頂き誠にありがとうございます。
日本列島を襲う記録的な猛暑、 熱中症の予防策や犠牲者について毎日のように報道され心配になりますね。 7日間の平均気温が「かなり高い」確率が30%以上の場合発表される 異常天候早期警戒情報が広い地域で発表されるなど 災害レベルの暑さと謳われるのも分かりますね。 今後も全国的に平年より暑く猛暑は8月上旬まで続く見通しと言われており、
気象庁は引き続き注意を呼び掛けているようです。 (参照/気象庁:http://www.jma.go.jp/jp/soukei/

例年と比べあまりにも熱すぎる今年の夏、 エアコン稼働率が上がり負荷増によるエアコン故障が増加しています。 弊社でも神戸市の日中最高気温が今年はじめて35度を超えた7月16日以降、 修理や入替の相談が相次いでいます。 一日に複数件の修理を行うこともありますが、 相談数の多さからご連絡頂いてもすぐには修理にお伺い出来ないケースもございます。 また、部品の入荷までに10日以上時間のかかる場合や 古いエアコンとなると代替部品が製造されていないことも…。 お盆時期になると、更なる混雑が予想され、 部品の到着に半月~1か月程度かかることも予想されます。
連日の猛暑をエアコンなしで…考えただけで熱中症になってしまいそうですね。 そうならないためにもエアコンの定期的なメンテナンス(フィルター清掃や内部洗浄等)、 異音や冷えが悪い等の異常を感じたら早めの点検をおススメ致します!
熱中症の犠牲者の報道が相次ぐ中、 「エアコンが壊れたら買い替える」では遅いかもしれません! 古いエアコンをお使いの場合、この猛暑を機に空調の更新をご検討されてはいかがでしょうか。 建物全体の消費電力の中で、空調の占める割合は約…