【SAVER0017】 フロンの漏えい点検義務化のお知らせ

------------------------------------------------------------------------------------------------------
【省エネサポーター・20167Vol.17
『社会に快適な環境を提供し、地球のより良い環境を守る』情報をお届けします。
------------------------------------------------------------------------------------------------------

お客様各位

いつもセーバー技研をご愛顧頂き誠にありがとうございます。
今回は、フロン排出抑制法についてご案内させて頂きます。

平成274月に環境省によりフロン排出抑制法が施行され、業務用冷凍空調機器
第一種特定製品)は日常的な簡易点検(3ケ月に1回以上)が義務化されました。


さらに、下記の性能の製品については、十分な知見を有する者(1)による定期
点検が義務化されており、違反した場合には罰則(2)の可能性があります。

機種
圧縮機電動機定格出力
定期点検頻度
エアコン
7.5kw以上50kw未満
3年に1回以上
50kw以上
1年に1回以上
冷凍・冷蔵機器
7.5kw以上
1年に1回以上

1.冷媒フロン類取扱技術者、冷凍空調技士、高圧ガス製造保安責任者、冷凍空気調和機器
施工技能士、その他を指します。
2.簡易点検の実施等の「管理者の判断の基準」の遵守は法に 基づく義務です。また、違反した
場合には、都道府県による指導・助言、さらに定期点検対象機器を所有している場合は、 勧告・
命令・罰則の対象となる場合があります。(Q&Aより)

法施行日からすでに1年以上が経過しており、製品によってはすでに定期
点検の期限を過ぎています。まだ点検をされていない場合、すぐに法的処置が
行われる訳では無いでしょうが、なるべく早く行われる事をお勧めします。

セーバー技研に於いてもこれらの簡易点検、定期点検のサービスを行っており
ますので、お気軽にお問合せください。

以上

このブログの人気の投稿

【SAVER0044】どれが最適!?色々な省エネ補助金!

【SAVER0046】ムダを見直し経費削減→削減額で省エネ設備更新!セーバーコストリダクションサービス!

【SAVER0045】虫は何故照明に集まる?LED化、電気料金削減シュミレーション!